重度障害者との接し方、親が亡くなる前にしておくこと

重度障害者の一番の理解者は親です。

でも、いつも親と一緒とは限りません。

コミュニケーションが困難な障害者と、

第三者が接する時の留意点を理解してますか?

 

さらに、特別な理由がなければ

先に親が亡くなって障害者が残されます。

親からすると非常につらいことです。

 

せめて、お金だけでも残そうとされます。

でも、単にお金を残すだけでは

解決できないこともたくさんあります。

 

では、どうすればよいのかをまとめました。

重度障害者も感情があるのです。

私の妹も生まれながらの脳性小児麻痺で

座ることもできない障害者でした。

 

漠然と親が亡くなった後は

私自身が面倒を見なくてはならないと

考えていたほどです。

 

しかしながら、時が経ち私自身が結婚して

家庭を持つと、親のような介護はできません。

重度障害者

仮に、引き受けたとしても

妻が介護するには、重労働で現実味がなく、

やはり、施設に入れるしか選択肢がありません。

 

しかし、重度であっても身体障害者の場合

ハッキリとした意識も感情もあります。

 

言語障害によって、言葉が発せられない人でも

良し悪しや好き嫌いが明確にあります。

 

妹は勝手に物事を決められると怒りますし

コミュニケーションは取りにくくなります。

妹の友人はその場は静かにしていても

急に怒り始めたりします。

 

日本では、障害者の心情を無視して

健常者で物事を決めて進もうとする

風潮が多く見受けられます。

重度障害者

重度の身体障害者とのコミュニケーションは

確かに、難しいです。

でも、意思と感情は絶対にあるということを

念頭において接しています。

 

大事なのは、障害者の介助ではなくて

一人の個人として接することですね。

 

重度障害者に選択肢を与えない

重度の身体障害者とのコミュニケーションは

困難です。

 

障害も個々人で変わってきますので

コミュニケーションの取り方も様々です。

 

普通に話せる人から、言語にも障害がある人、

文字盤で会話する人などいろいろです。

もちろん、コミュニケーション困難な人も

たくさんいます。

重度障害者

最近では、買い物をするときに

商品選択をじっくりと聞いてくれる

風潮になってきています。

 

でも、一緒に同行している人が

意思確認を怠ったり、しなかったり、

勝手に決めつけたりする。

このようなこともあると聞いています。

 

その場で、怒りを全面に抗議でする人、

一方で、ぐっとこらえる人もいます。

 

同行する人が、注意深く様子を確認しないと

このようなことが繰り返されることに。。。

 

ある種DVを受けているように

諦める人もいるようです。

重度障害者

妹も買い物をするとき同行する人によって、

行きたい場所を明確に伝えることもあれば、

連れて行かれる場所で我慢したり、

その時々で対応を変えていたようです。

 

十分な時間を取って、意思確認をして

同行者が勝手に判断することを意識しないと

この状況は減っていかないと思います。

 

重度障害を個性ととらえる

日本では重度障害者を見かける時に

「かわいそう」とよく言われます。

 

妹の車椅子を押している時にも

同様の言葉を多く耳にしました。

でも、妹は自分自身を不幸とは考えず

毎日、楽しく暮らしています。

重度障害者

もちろん自分自身では歩けないし座れない。

この現実は認識していいます。

 

代表的な交通事故の他、

妹のような脳性小児麻痺や

筋萎縮症のような病など

重度障害者になられた要因は

各々で異なると思います。

 

しかしながら、不幸と考えている障害者は

いないと思います。

 

障害者を不幸と考えているのは

一般の健常者の偏見だと思います。

 

妹を含め重度障害者の障害は

その人個人の個性だと考えてほしいのです。

重度障害者

座れないこと、歩けないこと、

一人では食事ができない、

トイレも介助が必要

言語障害でコミュニケーションも苦労する。

 

これらを個性として見ていただけると

重度の障害者であっても

普通の個人としてお付き合いできます。

 

何でもかんでも、介助・支援するのではなく

必要な時に十分な介助・支援をお願いします。

 

特に、重度障害者が助けを求めた時は

できる限りの介助と支援をお願いします。

 

重度障害者が収入を得る方法

重度障害者の方は障害者年金は受給済と

思います。

 

脳性小児麻痺のように出生時から

重度身体障害となった場合には、

会社勤めはほとんど見込めません。

養護学校から公立の福祉園や作業実習所に

通所している方が多いと思います。

重度障害者

「障害者自立支援法」は定められていても

重度の障害者は介助が必要となるため、

自立生活は困難です。

親が介護してるか、施設に入所しているかの

どちらかだと思うんです。

 

このような状態を前提として

収入を得る方法があるのか気になります。

 

重度障害者が収入を得られなくても

財産を引き継ぐことは可能です。

 

でも、財産の残し方を考ええないと

思った生活が送れないこともあります。

財産の残し方については、

あとでお話しします。

 

さて、収入を得る方法ですが、

今の時代だからこそできるという方法が

あります。

それも、障害者の方と思い出を残しながら

収入を得る方法があります。

重度障害者

それは、旅行に行って思い出をつくり、

その方法を他の方に教えてあげるだけです。

旅行先で思い出を作って、その楽しさを

多くの知り合いにお話ししてください。

 

楽しい記憶の中で、苦労したこと

知っていると役に立つこと

いろいろと教えてあげてください。

そうすると、なぜ旅行をするだけで

収入を得られるのか聞いてくる知人が

いらっしゃいます。

 

そのお知り合いに、この方法を

是非、教えてあげてください。

この収入を得る方法そのものを

引き継ぐこともできます。

 

旅行が好きでない人は少ないと思います。

その旅行で収入を得ることができます。

好きなことで収入を得られるんです。

 

重度障害者への資産の残し方

大きな問題があります。

それは、年老いたものから亡くなるのです。

 

脳性小児麻痺の方の多くは寿命が短いです。

筋萎縮症の方も発症後は短命と聞きます。

私の妹の場合、担当医師から脳性麻痺のため

寿命は中学生あたりと言われたそうです。

でも、それは一般的にということだけです。

もちろん、長寿のかたもいらっしゃます。

重度障害者

このような重度障害者の方を残して

死にきれないのがご両親だと思うんです。

 

私の父親はすでに亡くなっていますが

最後まで気にかけていたのが妹のことです。

「俺が死んだら誰が面倒を見るんだ!」

これが口癖でした。

結局、妹よりも早く亡くなってしまい、

無念だったと思います。

財産

私の親もそうですが、親亡き後のために

残される子のために財産を残そうとします。

その時には、注意が必要ということを

知っていますか?

 

重度障害者の場合、コミュニケーションが

困難な方も多いと思います。

 

重度障害者自身が財産管理をできない場合、

名義を子の名前にすることが問題なんです。

 

親が亡くなると成年後見人が選任され、

財産を管理するため信託銀行に

預託されることもあります。

重い障害はコミュニケーションがとれず、

意思表示ができない人もいます。

施設

重度障害者は施設に入所して

生活のほとんどが年金や補助金で

賄われることが多いです。

障害者から要求がない限り、

残された財産が使われることなく、

最終的には国に帰属することになります。

 

子の名義の場合、法的には贈与とみなされ、

子本人の意思でしか利用できません。

でも、前述のように意思確認ができないため

手付かずの状態になることが多いそうです。

 

そのため、財産は弁護士などを通して

家族信託の「後継ぎ遺贈」すると

よいようです。

財産

親が生前に財産を子に取得させます。

子は親の死後は親族や第三者から世話を

受けます。

さらに、子が亡くなった時に

世話をした人がこの財産を継承する方法です。

 

財産については重度障害者の共通の問題だと

思います。

コメント