アメリカ一人旅で困ったこととは。

私は英会話ができません。

 

その私がアメリカのフロリダ・オーランドに

一人旅をしました。

 

旅行で困ったことをまとめてみました。

 

トランジット!荷物はどうするの?

あるイベントに参加するため、

アメリカのオーランドで行きました。

 

英会話の力は。。。。

聞けない、話せない、もちろん書けない。

 

なのに、この時はなんとかなると思って

たった1人羽田空港から飛び立つことに(笑)

羽田空港

今、思えばあまりにも無謀な計画でしたが

こうして無事帰ってくることができています。

 

イベント会場に到着すれば、

数名の知人がいることはわかっていました。

 

でも、アメリカ到着は国内線の乗り換えがあり

途中の荷物はどうなるのかなど

不安が満載でした。

ツキまくり!偶然が偶然を呼ぶ

搭乗手続きも良く知らないほどの飛行機音痴

係員に聞きながら何とか手続き終了。

 

帰りは係員に英語で確認ができるのか?

不安は募るばかり、困ったものです。

 

そんなことを考えていると。。LINEの連絡。

オーランドで連絡を取る予定の知人から連絡!

 

「誰か〇〇便に乗る人いますか?」

羽田空港案内所

あー!私の飛行機と一緒。

早速、連絡と取ってみると

成田経由の人がいなかったから

羽田経由に変更したのだと言います。

 

ただ、彼も英語はほとんど話でません。

でも、2人になったことで心強くなりました。

 

さて、搭乗時間になったところで

飛行機に乗り込んだ時に、思わず叫びました。

 

「〇〇ちゃん!」

 

かなり、ラッキーなことに

ツアーコンダクターをしている友人が

同じ便に乗っていたのです。

 

乗り換え時のスーツケース

心強い知人に巡り合えて安堵したのか

機内では、狭いながら快適に過ごしました。

 

経由地のミネアポリス国際空港では

いろいろと教えていただきました。

ミネアポリス国際空港

トランジット、荷物の扱いなど

不安が一気に解消しました。

  • 入国審査
  • 荷物(スーツケース)受け取り
  • 税関
  • アメリカ国内線への荷物の預け直し

本当に持つべきものは友達ですね~。

 

ここで間違えると、次の搭乗手続きまで

スーツケースをもって歩くはめになります。

 

本当は乗り換えで困るところ、

身軽に動けるのも、

偶然機内で巡り合った友人のおかげです。

 

ラウンジで時間つぶし

無事、アメリカに到着!

と言っても、まだハブ空港内の話です。

 

次のフライトまで数時間あったので

搭乗時間までの間はラウンジに行くことに。

 

ハブ空港だけあって、広さも半端ないです。

ラウンジに行くだけでも迷子になりそうで

ついていくのに必死でした(笑)

ミネアポリス空港

知っている方がほとんどだと思いますが

航空会社のカードを所持していると

1名は同伴できますが、

2人目からは有料です。

 

あいにく、ツアーコンダクターの友人以外

カードを所持していないため

1人分は有料($59)となりました。

領収書

カードがあれば、飲食がすべて無料

ゆったりとした空間でくつろげる。

 

Wi-Fiも完備されているので

待ち合わせの時間をつぶすにはいいですね。

 

私が利用したデルタ航空なら

1年目からデルタアメックスゴールド入会で

ゴールドメダリオンになれます。

 

まだ、空港ラウンジを利用できるカードを

あなたが、保有していないなら、

検討してみてはどうでしょうか?

 

ところで、一緒になったこの二人に問題が!

 

ツアーコンダクターの友人は

一緒に宿泊予定の人がキャンセルして

到着した日の宿泊が決まっていない!

 

一方の友人は日取りを間違えて、

到着日の宿泊予約をしていない!

 

このままだと、二人とも野宿になる。

ラウンジで当日の宿泊予約を検索。。。

 

30分経過。。。1名分は予約完了。

さらに30分経過。。。見つからず!

 

そろそろ、搭乗ゲートに移動という時に

何とか予約完了できました。

 

当然ですが乗り継ぎのゲートは探す事もなく

予定の飛行機に搭乗でました。

 

オーランド到着、ホテルまでは

オーランドに到着して、空港の外に。

宿泊ホテルの場所が違うので

ここで、各々バラバラに移動となりました。

 

ただ、ここでもラッキーなことに

ツアコンの友人とホテルの方向が一緒で

途中まで一緒に行くことになりました。

 

英語が話せない私にとって

ありがたいことです。

オーランドタクシー

タクシーの料金はカード払いも大丈夫と、

友人はドライバーと確認をしてくれました。

 

最初に、友人のホテルへ向かいます。

次に私の宿泊ホテルに到着しました。

 

カードで支払おうとしたところ

運転手が受け付けてくれません。

 

つたない言葉で話をしても

Cash only! と言うだけで全く通じず、

困り果てて、渋々現金でお支払い。

 

英語が話せないと、怒ることも

反論することもできない!

 

かなり、悔しい思いをしました。

英語が話せるようになりたい!

 

それでも、ホテルのチェックインは

問題なく対応できました。

ヒルトンガーデンインオーランドイースト

おそらく、タクシーのドライバーは

英語が話せないことをいいことに

吹っ掛けてきたのかもしれません。

 

やはり、英会話は大事!

海外旅行では話せないといけないと悟りました。

 

イベントのボランティアは障害者

イベント参加の受付をした時のことです。

開場前から列に並んで待機。

友人と二人で話はしても、

まわりの人の会話は全くわかりません。

 

つくづく、一人でなくてよかったと思います。

何人かは話しかけてくる人もいますが

ほとんど話せないといと

挨拶だけで終わってしまいます。

イベント受付1

そんなことをしているうちに

受付が開始されました。

 

驚いたことに、道案内している人が

電動車椅子に乗って指示しています。

 

日本だと考えられない光景です。

まわりの人も、不思議がらずに

普通に道を聞いたり、指示に従っている。

 

本当にアメリカでは障害はその人の

「個性」として尊重されていると

感じた瞬間です。

 

日本では、何かと疎ましく、

邪魔者扱いされますよね。

 

アメリカでは、社会の一員として認知され

その人ができる役割が割り振られます。

イベント受付2

あとあと、英会話ができる友人に

確認したところ、それが普通とのことです。

 

「HELP!」と叫ばれるまでは

誰も手出しはしないそうです。

ただ、一言「HELP!」と発した瞬間、

周囲の人一斉に助けに入るとのことです。

 

アメリカの凄さをこんなところでも

感じました。

日本も、早くこのようなやさしさ一杯の

社会になるといいですね。

 

観光!悩んで日本にはない場所へ

イベントの受付を終えた後は、

何もすることがなくて。。。。

 

午後の時間が空いてしまったので

オーランド観光をすることに!

 

オーランドというとご存知の通り

テーマパークがたくさんあります。

  • ディズニー・ワールド
  • ユニバーサル
  • シーワールド
  • レゴランド
  • ケネディ宇宙センター

 などなど

オーランドでした見れないものということで

「ケネディ宇宙センター」へ行くことに。

ケネディ宇宙センター1

アメリカでの移動はUberを利用

スマホで行き先を指定するだけで

今いる場所まで迎えに来てくれます。

ケネディ宇宙センター2

 

展示品には実際に活用されたものもあって

宇宙好きにはテンションMAXになります。

 

バスからは宇宙センター内の利用施設を見学。

アメリカの宇宙開発歴史も紹介されます。

 

人類の月面着陸という華やかさだけでなく

そこに到達するまでの失敗も含めて

展示紹介されていることに驚きました。

良い面も悪い面もすべてを展示し

見る人個々に問いかけているように感じます。

 

オーランドに行く機会があれば、

是非見に行ってくださいね。

 

まるでコンサート!イベント開始

なんのイベントか、気になってきましたか?

アメリカの旅行クラブのイベントなんです。

 

私も初めてだったので、どんなものかも知らず

早朝からワクワクしながら列に並びました。

 

すでに、受付は済んでいるので

受付済のフォルダを提示するだけで

入場できるかと思っていました。

 

ところが、さすがはアメリカですね~

持ち物のセキュリティチェックがあるんです。

セキュリティチェック

それも、かなり厳しいチェックです。

 

持ち込めるバッグは透明であること。

持ち物はそのバックに入れてあること。

 

私は持参した黒のバッグとその中身を

透明のバッグに押し込め、何とかセーフ。

 

でも、羽田空港から共にきていた友人は

何やら言い争いとしています。

 

遠目で見ていても、埒が明かない状態。

 

バッグをどこかに置いてくるか

ここで捨てるか選択するように

言われたとのことです。

 

結局、セキュリティには勝てず、

彼はお気に入りのバッグを捨てることに。

セキュリティには十分注意しましょう

旅行イベント1

さて、旅行クラブのイベントですが、

世界各国から人が集まっている様子で

自国の旗を持参して振りかざしてます。

 

旅行クラブの会員数は800万人とも

900万人とも言われるくらい巨大で

欧米を中心に事務所がオープンされてます。

 

2019年現在、日本はオープンしてません。

ただ、2020年のオリンピック開催に

合わせて、上半期にオープンするらしいです。

 

イベントはどこの国がオープンするかの情報、

質の高い旅行を安く提供することとか、

口コミで友達を紹介すると報奨金があるとか、

旅行クラブの事を伝えてくれます。

 

それも、単に伝えるのではなくて

全てがショーになっていて楽しいです。

旅行イベント2

コンサートを見ているかのようでした。

 

どんな旅行があるのか、

料金はどうなってるのか、

報奨金ってどのくらいもらえるのかなどは

また、別のブログでご紹介しま~す。

コメント